main icon 正社員としての転職には適切な自己アピールが必要です

cap image

正社員の転職活動には、当然のことではありますが人材の選考があります。その際には書類選考や面接などを受ける事になるのですが、その成功のためには自己PRが不可欠です。すなわちどれほどの長所があるかを、会社に売り込む事になります。

ところで事務の転職活動を行っている方々は、何をアピールすれば良いかわからずにいる事があるのです。人事担当の方に自分の長所を訴えたいと思っているものの、具体的にどのようなところをアピールすれば良いか分からずに、悩んでしまっている方もいらっしゃる訳です。

一般的に事務というお仕事であれば、まずパソコンのスキルは必須でしょう。最低でも文書を作ったり、表計算が必要です。よって関連するソフトも使いこなすことも求められるため、第一にそれを自分の強みとして売り込むことも必要です。しかしながらソフトの知識というものは、さまざまなレベルがあります。どれほどのレベルのスキルがあるかをアピールする事も必要です。


ちなみにスキルがあるほど、企業としては重視する傾向があります。それとプレゼンテーションのためのソフトなども要求されますし、データ管理ソフトなどの技能が求められる事もあります。従ってそれらのソフトを使う業務経験がある時には、それをアピールすると転職活動の成功率が高まる事も多いです。すなわち自分のパソコン関連の技術を、先に説明した人事選考のときに強調すると効果があります。

かつパソコンに関連する業務を任される以上、資格が採用の選考基準の一つにもなります。

パソコンに関する資格を持っているのであれば、それを履歴書などに記載しておいた方が採用率もアップする傾向があるのです。また事務職をこなす場合には、電話対応のスキルが求められる事も多々あります。ほとんどの職場で、電話で対応することは絶対とも言えるからです。それで過去に電話対応の経験をした事がある場合、それを採用担当者にアピールする事も重要です。このようにパソコンや電話での応答に関しての技術を転職先の担当者に自己アピールすると、内定率が高まる傾向があるのです。